プロフィール

  • Author:ごーや
    鹿児島県在住の2児の四十路親父です。 日常生活とゲーム (on/off)について書きつづった日記です。最近四十にしてインドアからアウトドアに羽ばたきつつあります。
2016年10月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
無料ブログはココログ

広告

Call of Duty 4: MW

2009年12月22日 (火)

CoD4 エピローグ:数年後 (12/22)

最後の更新 「CoD4外伝:S.A.Sのおっさん兵士」





エピローグ:数年後

 イムラン・ザカエフらとの戦いから時は流れた。プライス小隊で唯一生き残ったゴーヤは新米から一人前のS.A.S.隊員に成長していた。

 この日の任務はテロリストにハイジャックされた旅客機からのロシアの要人の救出。ゴーヤ小隊長は部下とともに銃弾の飛び交う航空機内部に突入するのであった。

これでいったんCoD4はお休みして

ホントは今ごろはUCGO Titans serverでPV三昧の予定だったのですが

予定が少々くるったのでCoD4のマルチはとばしてCoDMW2にいきたいと思います





まず1か月程前に届いた覚えのあるCoDMW2北米版のちいちゃい小包を探さなければ・・・




なに?明日には日本語版が発売だと!?

にほんブログ村 ゲームブログ オンラインゲームへ
にほんブログ村

2009年12月21日 (月)

CoD4 最終話:脱出 (12/21)

不定期更新 「CoD4外伝:S.A.Sのおっさん兵士」





前回までのあらすじ:

 奪った軍用車に乗り込みミサイル発射基地を脱出したゴーヤ達は脱出地点へ急行するが、背後からは攻撃ヘリをはじめ多数のイムラン・ザカエフの軍勢が迫る。更に進路上の高速道路橋がヘリに落とされ袋小路となり、プライス小隊は絶体絶命のピンチを迎えてしまう。ロシア正規軍のカマロフ軍曹の救援を待ち、必死に応戦するプライス小隊・・・彼らの運命は?



 今回が最終話となりました。1か月ほどかけてCoD4という1つの映画を観てきた感じです。さすが2年前に世界中で大ヒットした大作だな、と感心しました。

 今回の最終話の後半では目頭が熱くなってしまいました つД`)

 もう終わりかと思うと寂しい感じがするのですが、もう1つシナリオがありましたのでゆっくり鑑賞したいと思います (・∀・)

UCGO Titans serverのPV実装のメドはたっておらず

次はCoDMW2のシングルをやろうと思っております

にほんブログ村 ゲームブログ オンラインゲームへ
にほんブログ村

2009年12月19日 (土)

CoD4 第九話:ミサイル発射基地を制圧せよ (後編) (12/19)

最近毎日更新 「CoD4外伝:S.A.Sのおっさん兵士」





前回までのあらすじ:

 ミサイル発射基地に潜入したゴーヤ達は発射したミサイルを管理する制御室に向かう。しかし、肝心のミサイルの自爆コードがまだ判明していなかった。

今日から泊りがけで鹿児島本土に出張で上ります

寒そうです><

にほんブログ村 ゲームブログ オンラインゲームへ
にほんブログ村

2009年12月18日 (金)

CoD4 第八話:ミサイル発射基地を制圧せよ (前編) (12/18)

不定期更新 「CoD4外伝:S.A.Sのおっさん兵士」





前回までのあらすじ:

 ザカエフが発射したミサイル (ICBM)がもたらす予想被害人口は12都市4010万人という莫大な数値となった。ゴーヤ達はミサイルが射程距離に入る前にミサイルを自爆させるべくミサイル発射基地に向かう。

ゴーヤもすっかり一人前となり炊飯部隊のことは忘却のかなたのようです

にほんブログ村 ゲームブログ オンラインゲームへ
にほんブログ村

2009年12月17日 (木)

CoD4 第七話:父の報復 (12/17)

不定期更新 「CoD4外伝:S.A.Sのおっさん兵士」





前回までのあらすじ:

 ゴーヤ達はザカエフの息子ビクトルを追い詰めたものの、目の前で自殺され父親の居場所を聞き出すことはできなかった。一方ザカエフはロシアのミサイル発射基地を襲撃し制圧、息子の死の報復にミサイル攻撃を計画した。それを阻止するためゴーヤ達は空からパラシュートで降下するが、新入隊員グリッグが風に流され着地地点と離れてしまう。グリッグの救難信号を元に彼の捜索が始まる。





いよいよクライマックス感が漂ってきました (・∀・)

カメラワークのみ意識してゲームの腕はからきしです

 

にほんブログ村 ゲームブログ オンラインゲームへ
にほんブログ村

2009年12月14日 (月)

CoD4 第六話:君の父上がいけないのだよ (12/14)

不定期更新 「CoD4外伝:S.A.Sのおっさん兵士」





前回までのあらすじ:

 イギリスS.A.S.とアメリカ海兵隊は合同作戦を立案した。最初の目標はイムラン・ザカエフの一人息子であり超国家主義派の武装組織を指揮するビクトル・ザカエフの拘束である。ゴーヤ達は中東での核爆発から生還した海兵隊員グリッグ二等軍曹を新たな隊員に迎え、ロシア陸軍特殊部隊隊長カマロフ軍曹の協力の元、ビクトルの待ち伏せに向かう。

にほんブログ村 ゲームブログ オンラインゲームへ
にほんブログ村

2009年12月13日 (日)

CoD4 第五話:脱出 (12/13)

不定期更新 「CoD4外伝:S.A.Sのおっさん兵士」





前回までのあらすじ:

 プライス隊長の思い出話に耳を傾けながらいつしか寝入ってしまったゴーヤだったが、外から聞こえる拡声器の声で目を醒ます。
 プライス隊長によって隻腕となったイムラン・ザカエフがカレド・アル=アサドを救出するために大兵力を送り込んできたのだ!
 しかし当のカレド・アル=アサドは8時間前にプライス隊長に射殺されていた。ゴーヤ達は脱出するために脱出地点へ向かう。






 何だか最近プライス隊長が口には出しませんが、ソープ (ゴーヤ)を一人前と扱ってくれてるのか、大事な役どころを任されるシーンが増えてきましたね (・∀・)

 最初はF.N.G (Fucking New Guy:くそったれの新米兵士)とか言ってたくせに

 

にほんブログ村 ゲームブログ オンラインゲームへ
にほんブログ村

2009年12月11日 (金)

おっさん兵士のCoD4 (インターミッション:プライス隊長の回顧録後編) (12/11)

不定期更新 「CoD4外伝:S.A.Sのおっさん兵士」





プライス隊長の回顧録前編の続き:

 ウクライナの町に潜入から2日。ザカエフが核物質の取引のために姿を表す。プライスは二脚でしっかりと固定された「対物ライフル」のスコープを覗き、照準でザカエフを捕える。

 プライスとザカエフの運命やいかに? プライス隊長の思い出話はクライマックスを迎えようとしていたが、ゴーヤは依然爆睡したままであった・・・






相変わらず下手くそで

最後のヘリ待ちのところは何度ぬっ殺されたことか

いまだによくわからないのが

武器の変更はSDGCFOのようにマウスのスクロールに割り振ってあるのですが

スムーズに変更できないことが多くて

近くの敵さんにもSRで応戦することしばしばです orz

操作の仕方がいけないのかなぁ・・・




それはさておき

このハリウッド映画のようなストーリー展開にはどんどん引き込まれていっております

2年前のゲームなのでサイトを覗いたときにネタを見ないようにするのも大変ですが




この先の展開も楽しみですね (・∀・)

にほんブログ村 ゲームブログ オンラインゲームへ
にほんブログ村

2009年12月 7日 (月)

おっさん兵士のCoD4 (インターミッション:プライス隊長の回顧録前編) (12/7)

不定期更新 「CoD4外伝:S.A.Sのおっさん兵士」





前回までのあらすじ:

 カレド・アル=アサドの隠れ家で鳴った携帯電話の声の主にプライス隊長はある出来事を思い出す。15年前、当時少尉であったプライスはチェルノブイリ原子力発電所事故の影響で放射能に汚染され廃墟と化したウクライナの町に、当時の上官マクミラン大尉と共に潜入した。危険極まりないこの場所で彼らに与えられた任務は、核物質を売買する死の商人、イムラン・ザカエフの暗殺。これは第二次世界大戦以来のイギリス政府直々の暗殺命令であった。
 そんなプライス隊長の思い出話が始まって1分もしない内に、作戦で疲れ果ててしまったゴーヤはうたた寝を始めるのだった。

 ゲーム舞台であるウクライナ・ブリビャチ市は実在する都市。チェルノブイリ原子力発電所事故によりゴーストタウンと化した。2009年現在も立ち入り制限区域である。





 このステージはこそこそと敵に見つからないように、こそこそ敵をやっつけていく「必殺仕事人」みたいなステージです (・∀・)

 緊張感があってとても好きなステージです。

 ・・・ただ下手っぴーなので何度もそそうをして、何度もワンワンに見つかって歯形だらけになりましたが ヘ(゚∀゚ヘ)アヒャ 

にほんブログ村 ゲームブログ オンラインゲームへ
にほんブログ村

2009年12月 6日 (日)

CoD4 第四話:悪玉ボス拘束 (12/6)

不定期更新 「CoD4外伝:S.A.Sのおっさん兵士」





前回までのあらすじ:

 アメリカ海兵隊に追い詰められたカレド・アル=アサドは核爆弾で自国首都に展開する海兵隊を自分の兵もろとも吹き飛ばし国外に逃亡してしまった。
 しかし、S.A.Sきっての諜報員ニコライはカレド・アル=アサドの潜伏先が北アゼルバイジャンにある昔の隠れ家ということをすぐに突き止めた。ニコライ救出から間もないゴーヤ達は疲れを癒す間もなくカレド・アル=アサドを拘束するために現地へ向かう。
 
 当初は炊飯部隊に行くつもりのゴーヤだったが、数々の修羅場をくぐり抜けるにつれて心身ともにS.A.Sの一員となっていく。
 さらに入隊前と比較して体重7kg、ウエスト8cmの減少・・・彼は数年間失敗し続けていたダイエットにも成功していた。

 最近は作戦後の筋肉痛もなくなったゴーヤ・・・彼は生き延びることができるか?


にほんブログ村 ゲームブログ オンラインゲームへ
にほんブログ村