プロフィール

  • Author:ごーや
    鹿児島県在住の2児の四十路親父です。 日常生活とゲーム (on/off)について書きつづった日記です。最近四十にしてインドアからアウトドアに羽ばたきつつあります。
2016年10月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
無料ブログはココログ

広告

« 作戦開始 (8週目) (6/29) | トップページ | 作戦2日目 (8週目) (6/30) »

2010年6月30日 (水)

さようなら奄美大島 (6/30)

先週の土曜日の夜のフェリーで奄美を発ち

あっというまに数日が経ちました

先週の今頃はまだ島にいたのですが

今や遠い昔のことのように思えます





先週の土曜日

島を発つフェリーの出発時刻は21時前後

P1030228_r

18時過ぎに近所の居酒屋に行ってお世話になったマスターと最後の乾杯

P1030230_r

しばらくするとどこで情報を得たのか同僚、後輩たちがやってきて

最後の乾杯で別れを惜しみます

ありがたいことです

マスターからもらったチュッパチャップスを噛み砕こうとしている息子の写真は関係ありません

P1030231_r

20時前になると車をフェリーに積むために港へ向かいます

しらふの嫁に運転してもらいます

P1030232_r

ターミナルに着くと

多くの病院のスタッフたちが迎えてくれました

ふと気づくと子供連れの方々もたくさん見えます

こんな遅い時間に多数の患者さんとそのご家族のみなさんも見送りに来てくださっていました

子供たちから似顔絵や手紙をたくさんもらいました

目を合わすと泣きそうになったので

うつむき加減でみんなと握手をしてまわりました





あっという間に出港時間となり

P1030236_r

乗船します

眼下では見送りの方々が紙テープの準備をはじめます

P1030246_r

奄美大島の3年間は大変でした

でも島の人のあたたかさ、楽しさ、仕事の充実感がそれを大きく上回りましたね

P1030247_r

翌朝起きると目の前には桜島が

でも息子はまだ奄美にいると勘違いしてました





P1030184_r

出発前日、ばしゃやま村にて

飽きるほど眺めた奄美の海ともしばらくお別れです





明日から新赴任地

患者の信用もスタッフの信用も全てリセット

0からのスタートです



・・・まずスヌーピーの白衣に慣れてもらわないと

マイペースでぼちぼちやります

« 作戦開始 (8週目) (6/29) | トップページ | 作戦2日目 (8週目) (6/30) »

ごーやの奄美大島日記」カテゴリの記事

コメント

ああん。
仕事にまみれている間に終わっちゃったんですね・・・

新天地でもがむばって~~~~><b

奄美での診療、お疲れ様でした。
そして、薩摩川内でのご活躍を心からお祈りしております。^^ノ
遊びに逝ってもいいでつか?w

>べんさん

ありがとうございます^^

とりあえず交通量が桁違いなので、通勤途中の交通事故に気をつけようと思います^^;

>ダインさん

ただいまです^^

仕事が落ち着いたら呑みいきましょう^^ノ

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1119634/35592219

この記事へのトラックバック一覧です: さようなら奄美大島 (6/30):

« 作戦開始 (8週目) (6/29) | トップページ | 作戦2日目 (8週目) (6/30) »