プロフィール

  • Author:ごーや
    鹿児島県在住の2児の四十路親父です。 日常生活とゲーム (on/off)について書きつづった日記です。最近四十にしてインドアからアウトドアに羽ばたきつつあります。
2016年10月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
無料ブログはココログ

広告

« Update (10/25) | トップページ | 懐かしいアニメ (10/27) »

2009年10月26日 (月)

ワクチンの考え方 (10/26)

ネットで興味深い?記事を見つけました

若者よ、新型インフルエンザに大いにかかれ

21世紀型医療は「自分で治す」~手を洗うな、マスクはするな、キスをしよう

2009年10月22日(Thu) 川嶋 諭

http://jbpress.ismedia.jp/articles/-/1989

端的にいうとワクチンは接種しても意味がない、自然にかかって免疫をつけなさい

ということです。

この考え方はすべて間違ってはいないと思います。



一方今でも頭から離れないこんな記事もあります。

ワクチンあれば... ヒブ感染症で4歳男児急死 熊本市

http://qq.kumanichi.com/medical/2008/03/post-1224.php




そもそもワクチンがなぜ存在するのか・・・

「完成された治療法があれば予防接種は必要ない」

「防げる病気で命を失わない」

私のワクチンに対する考え方です

臨床現場の最前線で日常的に小児の生死にかかわっている者の考え方です





ワクチンを接種したからといって脳症を100%防げるわけではありませんが

インフルエンザ脳症で亡くなった患者のご両親が

「予防接種しとけばよかったね、ごめんね」と泣き崩れる姿は

見ててとてもつらいです





冒頭の記事は私に言わせれば

えらい人にはそ(ry

« Update (10/25) | トップページ | 懐かしいアニメ (10/27) »

ごーやの奄美大島日記」カテゴリの記事

コメント

今回は既知のインフル改だったけど、初期の対応も早かったのでワクチン製造までの時間が稼げたような気がしてます。
WHOがパンデミックを宣言するのには、相当慎重を期したはずですが、あれが無かったらもっと恐ろしい事に・・・・Σ(=∇=ノノヒィッッー!!

しかし極端な発言をする先生だな・・・・・・
現場を見ることなく、白亜の塔に篭ってる御仁だな。うん。

まぁ、無用に騒ぎ立てるマスコミと、やたら目に付く抗菌グッズの数々がヨロシクナイような気がしてなりませんが(^^;

例えばニュースなんかで
『マグネチュード7.5の地震が発生しました!死者は10人です!』
って聞いたとすると
ああ、地震の規模の割には被害がすくなかったな・・・。
と思うことでしょうね。

でもその10人の家族には、家族が死んだ事実には変わりないわけで。。

そういうことなんじゃないかなぁ。

>べんさん

コメントありがとうございます。全くもって同意見です^^

>Nopさん

現場の声を上や中央へもっていくのが自分の仕事と思っています。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1119634/31947975

この記事へのトラックバック一覧です: ワクチンの考え方 (10/26):

« Update (10/25) | トップページ | 懐かしいアニメ (10/27) »